美容に関する調査とお肌にいいこと大研究

コラーゲンサプリメントの経口摂取は意味がないの?

コラーゲンを経口摂取するのは正しいのか

美容を気にする若い女性たちの間で流行っている疑問に答えていく当サイト。
一番最初はコラーゲンを巡る根本的な疑問、「コラーゲンサプリは取っても意味ないの?」という問いに答えてみようと思います。

コラーゲンという名前を聞いたことがある方は多いと思います。
一時期はテレビにも取り上げられることが多く、色々な番組で特集を組んで紹介されていました。
それは化粧品などの美容関係だけでなく鍋などにも塊で使用しそれを売りにするなど、飲食店でも大きく取り入れられました。
コラーゲンというのは、人体の軟骨や腱、靱帯などを構成するタンパク質で、体内に存在する総量は、全タンパク質の30%を占めるなど最も多くなっています。

コラーゲンの効果的な使い方

サプリメントで経口摂取をすると身体に良いとされていますが、実際は経口摂取をしても消化の段階で単アミノ酸や2、3個程度のペプチドまで分解されてから吸収が行われるため、テレビや雑誌などで謳っているような健康効果は一切期待が出来ません。
経口摂取によるコラーゲン効果は、あくまでプラシーボレベルの効果しかないと判断しても良いでしょう。
サプリメントで摂取しても上記の理由から、体内生成のために使われるという保障もないため、コラーゲンを使うのであれば、美容化粧品などにおいて保湿目的で使われているものを利用すべきです。

使い方参照:コラーゲンのことならコラーゲン生活『口コミランキング調査』

経口摂取するには効果が出る成分を摂る

ただ、サプリメントによる経口摂取であっても、コラーゲンの構成要素の一つであるヒドロキシプロリンを含むペプチドが体細胞を活性化させるということは認められています。
これは血中のヒドロキシプロリン濃度を長時間上昇させるというもの。
また、ペプチドが損傷した繊維芽細胞を刺激することにより再生を促すということは科学的に実証されています。
そのため、リシンやビタミンCといったものと併用することにより、肌の再生などの効果が出ると言われています。
サプリメントなどで摂取する場合は、単体で飲むのではなくこういった体内合成に必要な物質と共に摂取することで、より確かな効果を出すことが出来るとされています。

最新記事